人の心を掴む動画は2種類ある!アイデア勝負&あなたの「熱」を伝えよう

映像で伝える・生きた証を残す、現役テレビディレクターで、メディア戦略パートナーの吉田アキです。 

GWといった大型連休の後に、テレビの情報番組などで個人やグループが旅行先で撮影した映像を集めた特集をしていることがありますよね。中には私たちプロも思いつかないような、斬新な撮り方・魅せ方をしているものがあったりして、実際番組づくりに活かせるかどうかは分からないけれど思わずそのアイデアをメモしてしまった、それくらいのクオリティの高さでした。 

SNSに挙げられている個人の映像が、話題になっていたり、面白いものだったりしたら、マスメディアのテレビが取り上げる。もうそこに垣根はないと改めて感じます。「1億総クリエイター時代」という言葉がありますが、誰でも自分の世界観を発信できる時代だからこそ、新しいアイデアがどんどん生まれてくるのだなとワクワクしますね♪ 個人が発信する映像作品を見ていて、人の心を掴むものは、大きく2つに分類できると私は思っています。 

人の心を掴む動画は2種類ある

1つは、先に出てきたような「撮り方・魅せ方が面白い」ものです。これは一言で言うと、アイデア勝負。私たちテレビディレクターも日々新しい表現を模索しています。現代の社会では本当にオリジナルと呼べる表現はほとんど出尽くしていると言われます。だから新しさを感じる映像表現を見つけると真似してみたり、誰かが発信した表現の要素を組み合わせたりして、新しいものを作るのです。これは個人でも応用できますよね。この人の撮り方が素敵だなと思ったら、まず真似してみる。その中からきっともっとこうした方が面白いかも!というのが出てきて、それを繰り返すうちにあなたの表現が見つかるでしょう。

「熱」をどれだけ伝えられるか

もう一つは、伝えようとする「熱が高い」ものです。撮り方は素人的で、イマイチだったとしても、そこに映っているものの緊迫感が伝われば(ニュース映像はまさにこれ)人は見てしまうし、またそこに映っている人の伝えたい想いが強く、言葉や表情に力があったりしてその映像から“熱量”が伝わると(ドキュメンタリー系はこれ)人は目が離せなくなってしまうのです。何か伝えたいことがあるとき、一番大切なのは「熱」をどれだけ伝えられるかなのだと思うのです。実はそれさえあれば、もしかしたら動画の撮り方のテクニックなんて、要らないかもしれません。 

ただそこに撮り方・魅せ方のテクニックが加われば、よりたくさんの人の興味を引き、目を留めてもらえるチャンスが増えるのは確かです。特にビジネスにおいて動画を活用したいなら、お客様が安心して観られる撮り方をすること、お客様に信頼感を持ってもらえる映り方をすることは、観ている人への思いやりではないかと、私は思っています。 

ビジネスにおいておさえておきたい動画発信のポイントをここに詰め込みました。これを観たら、あなたの動画発信がきっと変わります。 

販売動画セミナー「視聴率が上がる動画ブランディング」

関連記事

  1. あなたの動画配信やライブ配信を面白くする、ちょっとしたコツ

  2. 動画でやりがちな失敗…「顔に情報はない」はギョーカイの常識で…

  3. 人がなぜか見入ってしまう動画って?そこにはある共通点があった…

  4. 【実録】え、この動画が再生1000万回!?何がバズるか分から…

  5. 【販売開始】セミナー動画「視聴率が上がる動画ブランディング」…

  6. カメラに映る自分の「ベストアングル」を知ることは、動画では特…

Profile -プロフィール-

メディア戦略パートナー/現役TVディレクター
吉田 アキ (Aki Yoshida)

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,320人以上(2018年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。

現在は、現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点を持って起業家・経営者のメディアプロデュースを展開。また、現役TVディレクターチームが手がけるPR動画制作やメディア視点でのプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。

Mail Magazine -メールマガジン-

動画を使ってビジネスをブランディングしたいあなたにお届けする、新しい動画の撮り方・魅せ方メルマガ「現役テレビディレクターが教える 視聴率が上がる動画ブランディング」

5秒で登録完了!