吉田アキ メディアプロデュースの特徴

現在、中小企業・起業家向けのメディアプロデュースとして、以下のサービスをご提供しています。

各サービスの詳細をお話しする前に、メディアPRプランナーでもなく、企業の広報PRを経験した訳でもない、現役テレビディレクターの私が、どうしてあなたをサポートすることが可能なのか、お話しさせてください。

なぜ現役TVディレクターが
メディアPRをサポートできるのか?

私は現役テレビディレクターであると同時に、メディアPR戦略パートナーとして活動しています。私の特徴は、メディア側の肌感覚を常に更新していることであり、ご提供しているのは、現役ならではのリアルで、タイムリーなメディア側の視点を持ったコンサルです。

例えば、メディアへのラブレターとも言える「プレスリリース」をあなたが作って送りたいと考えたとしましょう。私の担当する番組には一日に100件以上のプレスリリースが送られてきます。時間に追われる業務の中で制作の人間がプレスリリースをみる時間はほんのわずか。その短い時間の中で興味を持ってもらえるものには「特徴」があります。いくつかの「ポイントを押さえている」といってもいいかもしれません。現役としてプレスリリースを受け取る側の心理やチェックするポイントが分かっているからこそ、メディア側に響くプレスリリースを作成することが可能となります。さらにより確実性のある届け方をすることで、クライアント様のメディア露出に繋げています。

TVディレクターってどんな仕事をしているの?

そもそも、テレビディレクターってどんな仕事をしているか、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか。

テレビ番組制作をするスタッフはプロデューサーやディレクター、AD、カメラマン、音声マン、編集マンなど色んな役割の人がいます。その中で「ディレクター」は一言で言うと、取材現場の責任者であり、その取材VTRを責任を持って完成させる人、です。企画を立て、プロデューサーにネタを通して、取材交渉して、実際に取材して(私の場合は撮影もして)、原稿を書いて、編集して、放送する、その全てをやるのが「ディレクター」なのです。

これまではカメラマンや音声マンと一緒に取材撮影するということが普通でしたが、カメラが小型化し性能が向上したことなどから、ディレクターが1人取材先に出向いて自らカメラを回しながら取材することも多くなりました。実際に私はカメラを自分で回して11年になります(2018年11月現在)。

撮影させていただいて放送する責任があるので、私はカメラを回すとき、取材対象者の魅力が一番よく映るアングルはどこかを常に探りながら撮っています。せっかくなら魅力的に放送してあげたいですからね。それを続けてきたことで、人が魅力的に映るための撮り方のポイントがあることを見つけました。私はビジネスにこそ、動画の活用をオススメしています。動画PRのコンサルでは、こうした実践から導き出した撮り方のポイントや、あなたの魅力が一番伝わる見せ方、出演の仕方などをお伝えしています。

 

またテレビというのは、限られた尺の中で、いかに分かりやすく伝えるかに命をかけているメディア媒体です。原稿は短い文章でも伝わる表現を常に考えながら書いています。情報番組などで必ず画面右上に「サイド」という、いまどんな内容の放送をしているのかを途中から観た人にも分かるように伝えるものが出ていますが、チャンネルロックしてもらうため、この「サイド」には特に命をかけているのがテレビマンです。端的に、しかも人の心を掴むキャッチーな表現を日々研究しています。私が作成するプレスリリースは、こうしたノウハウをフルに動員した、よりメディアの人間に響くものになります。

 

こんなあなたへオススメです

  • メディアに掲載されるプレスリリースが書きたい
  • メディアの力を使ってビジネスを加速させたい
  • メディアの力を使って認知度・知名度を上げたい
  • メディア出演することで信頼のお墨付きを得たい
  • 動画という強力な集客ツールを手に入れたい
  • 潜在的なお客様を掘り起こし、多くの人の“幸せ”に貢献したい

ご提供中サービス一覧

■メディア活用の一歩を踏み出したい、自分が活用しているイメージを掴みたいあなたには・・・

個別セッション

そのビジネスの内容を詳しく取材させていただき、あなたに最適のメディア活用の進め方やブランディングの仕方をご提案いたします。


■プレスリリースを出したいけれど、その書き方や届け方が分からないあなたには・・・

プレスリリース作成

メディア側の心理を熟知した吉田アキが、メディアの人間に“伝わる”プレスリリース原稿を作成いたします。また無数に届くプレスリリースの中で“埋もれない届け方”をお伝えします。


■動画を使ってビジネスをブランディングしたいあなたには・・・

動画制作

常に視聴者に“伝わる”動画作り、番組作りをしている現役テレビディレクターチームが、あなたのビジネスにかける想いやサービスを確実に伝える、伝わる動画を制作いたします。また動画商材の制作も承っております。


■自分で動画を作ってビジネスの発信に活用したいあなたには・・・

セミナー動画「視聴率が上がる動画ブランディング」

カメラも自分で回す現役テレビディレクターが、あなたの魅力を存分に映し出す「動画の撮り方」や「自分の見せ方」を始め、お客様に最後まで観てもらえる動画制作のノウハウをお伝えします。
※こちらは販売動画になります


■確実にメディアのチカラでビジネスを加速させたいあなたには・・・

メディアプロデュース

メディア側の心理を熟知し、また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点を持って、あなたが確実にメディアを活用する道筋をプロデュースいたします。

Mail Magazine

動画でビジネスをブランディングしたいあなたへ。動画を撮ることがゴールになっていませんか?映像のプロによる新しい動画の撮り方・魅せ方メルマガ
「現役テレビディレクターが教える 視聴率の上がる動画ブランディング」

ご登録はこちら

Profile -プロフィール-

メディア戦略パートナー/現役TVディレクター
吉田 アキ (Aki Yoshida)

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。

現在は、現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点を持って起業家・経営者のメディアプロデュースを展開。また、現役TVディレクターチームが手がけるPR動画制作やメディア視点でのプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。

Mail Magazine -メールマガジン-

動画を使ってビジネスをブランディングしたいあなたにお届けする、新しい動画の撮り方・魅せ方メルマガ「現役テレビディレクターが教える 視聴率が上がる動画ブランディング」

5秒で登録完了!