【動画映りを良くする方法】声のトーンが”伝わるパワー”を決める

「文章の6倍の情報を伝える」と言われる動画。新型コロナウィルスの感染拡大で、リアルで動けない中で、オンライン発信や動画発信でファンを作り続けることは、あなたのビジネスの未来を確実に左右することになるでしょう。

じゃあ動画をやってみよう♫と、すぐ飛びつくのはちょっと待って!あなたはどれくらい動画撮影のノウハウを知っていますか?ビジネスの発信ツールとして動画を使うなら、必ずおさえておきたい「動画撮影のコツ」があるんです。逆にそれをおさえて発信しないと、“伝える”チカラが強い動画は、あなたのビジネスに大きくマイナスをうむ恐れを秘めているのです。

こちらでは、ビジネスで動画をうまく使いこなすためのコツを知ることができます。動画の“伝える”チカラで、あなた自身のパーソナリティをより深く知ってもらって、お客様から選ばれる確率を高めましょう。


さて、先日、あるクライアントさんから「インスタライブをするので、配信するときのコツを教えてほしい」とご依頼をいただき、インスタライブやSNSのライブ動画配信をいくつも研究していました。そこにはずっと見ていたいなと思うものもあれば、すぐに見るのをやめてしまったものもありました。その違いは何なのか。いくつか理由が見つかったのですが、今回はその一つ「声のトーン」について、一緒に考えてみたいと思います。

声のトーンが”伝わるパワー”を決める

“素”のままでは伝わるものも伝わらない

あなたはこういう声が好き♪というのがありますか?私はめちゃくちゃ声フェチなので好きな声談義をしたいところですが…今回は、声が良い悪いではなく、声のトーンの話です。

私が観たのはフォロワーが10数万人以上いる人気のインスタグラマーさんのライブ配信で、座談会というか、仲間数人が集まって色んなもの紹介していくというもの。内容自体はまぁ面白かったし、コメントもひっきりなしに入ってきて、かなり盛り上がっていたのですが…一つ、すごくもったいないと思ったことがあったんです。

それは…出演者たちの「声のトーン」。一言でいうと…「素」であり過ぎた!!!素で話し過ぎていて、きっとご本人が思うよりゴモゴモして、元気がなさそうに聞こえてしまっていたのです。普段家族や友達と話すときは、その人の喋りたいままで全然構いません。ただ動画に映ったときは…素のままだと“伝わるパワー”が不足してしまうのです。これはもったいない!内容が良いなら、なおさらそう思います。

上から下にボールをポンと投げるイメージで

文字だとなかなか伝えにくいのですが、動画に映るときの声のトーンは、下から上ではなく、「上から下にボールをポンと投げるイメージ」がいいです。これはテレビディレクターとして、アナウンサーなど出役さんたちを見ていて感じていたことでもあります。伝える仕事をしている人、アナウンサーや人気セミナー講師などは、みんな、これができています。よかったらテレビなどを見て、観察してみてください。 

声のトーンを意識するだけで全体の印象まで変わる

声のトーンを意識して発してみてもらうと、おそらく目を見開いたり、口角をあげたり、顔の表情まで変わってくることがわかると思います。つまり、あなたの全体の印象も明るくなるのです。

声をワントーン上げるつもりで「さぁ話すよ」という気持ちを持って話し始める。それだけで伝わり方は変わります。“伝えるんだ”というパワーを、画面の向こうのお客様に届けましょう!

★合わせて読みたい!
【動画の映り方を良くする方法】動画の大前提〜撮り方・映り方のコツ

★動画映りを良くする方法をもっと知りたい方には…
オンライン動画教材「信頼と好感を獲得するビジネス動画の作り方」

 

The following two tabs change content below.

吉田アキ

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。 現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。 詳しいプロフィール

関連記事

  1. ビジネスの動画活用“最強”タッグ 日々の自撮り発信とプロ制作…

  2. “動画ブランディング”という視点 視聴率を上げることにこだわ…

  3. 動画に映るなら とにもかくにも「堂々と」!視聴者への思いやり…

  4. 人の心を掴む動画は2種類ある!アイデア勝負&あなたの「熱」を…

  5. コロナで需要拡大【ビジネス動画の撮り方】映りを良くする方法と…

  6. 【ビジネス動画の作り方】“情報格差”を意識していますか?

Profile -プロフィール-

メディアPR戦略パートナー/映像コンテンツプロデューサー/現役TVディレクター
吉田 アキ (Aki Yoshida)

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。

現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。

LINE-ライン公式アカウント-

映像全般のこと、オススメの動画、テレビ業界のことなど、吉田アキの日々の発信

5秒で登録完了!