【ビジネス動画の作り方】動画初心者が持っておきたい撮影機材

ビジネスで動画を活用したい「動画初心者」がまずおさえておきたい撮影機材の三種の神器とは?ビデオカメラでも、一眼レフでも、スマホでも、どんなカメラで撮影するときにも使いましょう。動画のクオリティは全く変わってきます。 

動画初心者が持っておきたい撮影機材①:三脚

ビジネス動画は「固定して撮影」が基本

カメラがブレブレだったら、観ている方は落ち着きません。特に「ノウハウ系」など、その内容をじっくり見てもらいたい、話を聴いてもらいたい動画なら、必ずカメラを固定して撮影することが大切です。そのために必要なのは、三脚やゴリラポッドなど、カメラを固定するための機材です。 

三脚を1脚持っていたら、アダプター等も活用すれば、一眼レフやビデオカメラだけでなく、スマホでも使えます。
例えばこれ。私も使っています^^

https://amzn.to/3h8JU2O

またこういう↓アダプターを取り付ければスマホでも使えます 

https://amzn.to/3bEkybC

描く・作る手元を撮るなら“真上”から

モノづくりをしている人なら、制作する手元を映した動画もオススメです。それだけでも人は見てしまう強力な動画ツールなんです。そうした動画のトレンドは“真上”からの撮影。インスタでこの人センスいい!と思う人の動画をチェックしてみると、真上から撮っているのに気づくでしょう。そういう時は、三脚ではないですが、こういうものがあると便利です。

コ型スマホスタンド
https://amzn.to/2R72e1z

動画初心者が持っておきたい撮影機材②:マイク

ビジネス動画は「音」をあなどるなかれ

もしお客様に向けて発信する動画ならば、何を言っているかが分からないのは絶対に避けたいところ。また雑音が大きくて、聞きづらいのもいただけません。それは観ている人にストレスを与えることになるからです。 

特に販売する動画なら「音は命」です。必ずマイクを使って撮りましょう。 

【ピンマイクタイプ】 

動いて解説したり、説明したりするとき、一つ持っていると役立ちます。ピンマイクはテレビ収録でアナウンサーやリポーターはほぼ必ずつけています。 

https://amzn.to/3jQW9T6

【置きタイプ】 

特に動かず、同じ位置に座って喋るときなどは、指向性のあるガンマイクがあるといいでしょう。一度収録してみるとわかるのですが、あるのとないのとでは、声の聞きとれる度合いが全く違います。 

https://amzn.to/3jZUVoX

動画初心者が持っておきたい撮影機材③:照明

ビジネス動画は「顔が影にならない」ことが大切

テレビの収録は、ロケでも、スタジオでも、出演者の顔が影にならないことを大切にしています。個人で撮るときも、それは意識したいところ。画面に映る顔が暗いと、それだけで印象がダウンしてしまうので、もったいないです。そのためには小さくてもいいので、照明を使うことをオススメします。

【簡易タイプ】
https://amzn.to/2ZbLkTZ

【本格派タイプ】
https://amzn.to/2Fio6El

【女優ライトタイプ】
https://amzn.to/3bCv0k0

個人で動画発信が当たり前になった今、便利な撮影機材はたくさん出ています。どれを選べばよいのか、迷いますよね。ご参考にしていただけたら幸いです。

★合わせて読みたい!
【動画の映り方を良くする方法】動画の大前提〜撮り方・映り方のコツ

★動画映りを良くする方法をもっと知りたい方には…
オンライン動画教材「信頼と好感を獲得するビジネス動画の作り方」

 

The following two tabs change content below.

吉田アキ

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。 現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。 詳しいプロフィール

関連記事

  1. 人がなぜか見入ってしまう動画って?そこにはある共通点があった…

  2. カメラに映る自分の「ベストアングル」を知ることは、動画では特…

  3. 【好評販売中】オンライン動画教材「信頼と好感を獲得するビジネ…

  4. ビジネスの動画活用“最強”タッグ 日々の自撮り発信とプロ制作…

  5. 人にストレスを感じさせないことはビジネスの動画発信の基本です…

  6. 【動画映りを良くする方法】声のトーンが”伝わるパワー”を決め…

Profile -プロフィール-

メディアPR戦略パートナー/映像コンテンツプロデューサー/現役TVディレクター
吉田 アキ (Aki Yoshida)

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。

現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。

LINE-ライン公式アカウント-

映像全般のこと、オススメの動画、テレビ業界のことなど、吉田アキの日々の発信

5秒で登録完了!