インタビューが採用される人の特徴は?しゃべるときに意識したいこと

あなたは街でテレビのインタビューを受けたことがありますか?

街頭インタビューされる人の特徴

街の人の声を取材する「街頭インタビュー」を、業界では「街録(がいろく)」と呼びます。報道番組や情報番組でこの「街録」を観ない日はありませんよね。「この人がこんなことをやらかした、この人が所属事務所を辞めた、どう感じますか?」「〇〇についてどう思いますか?」「どうしてこれが流行っているのですか?」「このアプリをどうやって使ってますか?」などなど、社会をにぎわす話題や現象、流行を伝えるとき、この街の人の声は視聴者にそのニュース(ネタ)を身近に感じさせてくれる業界の“キラーアイテム”なんです。

私も17年テレビディレクターをやってきて、渋谷駅の駅前広場で若者に、新橋駅のSL広場でサラリーマンに、有楽町駅前でOLさんに、銀座の中央通りの歩行者天国でマダムに、たくさん街録してきました。このとき私は誰彼かまわずマイクを向けるわけではありません。「この人答えてくれそうだな」「ナイスなコメントをくれそうだな」「カメラ映りが良さそうだな」そういう人たちを無意識に見つけているんです。

あえて分析してみると・・・話しかける人は「いい空気感」を出している人です。表情が朗らかだったり、雰囲気に余裕があったり、見た目が華やかだったり。「人は見た目が100%」というドラマが以前ありましたが、テレビは良くも悪くも「ビジュアル」重視。同僚の男性ディレクターなんて可愛い女の子ばかり狙って街録するものだから、全員読者モデルだったということがありました。それはまぁかなり極端な例ですが。 もしあなたが「街録」されたら、今の自分、見た目や印象、醸し出す空気感がいいんだ~♪という一つのバロメーターにするのも面白いかもしれません。

街頭インタビューはその場で「使う、使わない」が判断されている

こでは街頭インタビューを受けたことのある方に質問です。実際、あなたのインタビューされた部分は放送されましたか?せっかくノリノリで話したのに、カットされてた~なんてことはありませんか?

おそらく・・・そのマイクを向けていたテレビディレクターは、インタビューしている時点で「使う、使わない」の判断を下しています!撮影している時点で、編集のことをグルグルぐるぐる考えていて、使いどころを見極め、これでVTRが成立すると思えば撮影終了、足りないと思えば追加であと何人撮影!という具合に動いているんです。

取材はとてもシビア。人がどんなに熱弁をふるっても、ディレクターは面白くなければ平気でカットします。VTRを最終チェックするプロデューサーはさらにバッサリです。ディレクターが思い入れが強くてどうしても切れないくだりも、客観的にみて要らないと思えば、バシバシ切るんですよ〜。そこが現場で取材するディレクターと、番組の品質を管理するプロデューサーのバトルです。と、話が逸れましたが…これ、あなたのビジネスについて取材されるときも同じことが考えられます。

インタビューを採用されるために意識すること

インタビューの内容はじめ、取材対応うんぬんによっては、実際のOAで使われる部分がばっさりカットされる可能性があるんです。せっかくの出演チャンスが台無しです。インタビューで一番ボツになる可能性が高いものって、何だと思いますか?それは、一文がやたら長いこと。〜で、〜で…ずっと続くと、「もういいや、使わない」と私は思います。逆をいえば、一文を短く言いきってくれると、私たちのいう「編集点」が作りやすいので、採用しようと思うんです。街頭インタビューでも、ビジネス取材インタビューでも、採用されたいのであれば、「一文は短く」を意識することをオススメします。

★合わせて読みたい!
カメラに映る自分の「ベストアングル」を知ることは、動画では特に大事

 

The following two tabs change content below.

吉田アキ

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。 現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。 詳しいプロフィール

関連記事

  1. あなたの動画配信やライブ配信を面白くする、ちょっとしたコツ

  2. 【好評販売中】オンライン動画教材「信頼と好感を獲得するビジネ…

  3. ビジネスの動画活用“最強”タッグ 日々の自撮り発信とプロ制作…

  4. 【ビジネス動画の作り方】動画初心者が持っておきたい撮影機材

  5. コロナで需要拡大【ビジネス動画の撮り方】映りを良くする方法と…

  6. “動画ブランディング”という視点 視聴率を上げることにこだわ…

Profile -プロフィール-

メディアPR戦略パートナー/映像コンテンツプロデューサー/現役TVディレクター
吉田 アキ (Aki Yoshida)

日本中の誰もが知る朝の人気番組を16年間担当する、現役TVディレクター。企画から取材・撮影、編集までこなす番組制作のプロ。これまで取材した人は1,400人以上(2019年8月現在)。様々な想いを抱えて生きる人たちを取材するドキュメンタリー企画を得意とする。

現在は、番組制作を超えて、ビジネスで動画を活用したい起業家・経営者の動画コンサルや動画制作を展開。また現役ならではのリアルでタイムリーなメディア側の視点でメディアプロデュースやプレスリリース制作代行も行い、人気を博している。

LINE-ライン公式アカウント-

映像全般のこと、オススメの動画、テレビ業界のことなど、吉田アキの日々の発信

5秒で登録完了!